偽精力剤の危険

キービジュアル

偽精力剤の危険

偽物の精力剤は実は古い歴史があります。
特に中国の偽物の精力剤というものは日本の常識をはるかに超えるものです。

そしてそれは現代になっても変わらず
中国製の精力剤の被害は後を絶ちません。

よく中国製精力剤の事件として中国製バイアグラが挙げられます。
最近起こった中国製バイアグラの事件は
日本では静岡県で起こっています。
40代の男性がネット注文で中国製バイアグラを購入。
低血糖による意識障害により1週間ほど入院する事件が起こりました。

この事件をもとに
厚生省はこの中国製バイアグラについて有効成分等を詳しく調べ上げ丸裸にしました。
するとその中には本来ED治療薬には
含有すべきではない
含有しても全く効果がない
含有すると健康被害が出る成分が大量に含まれていたのです。

ですがバイアグラ特有の
クエン酸シルデナフィルは微量に含まれていました。
この微量のクエン酸シルデナフィルによって勃起する人もいるでしょう。
ですが中国製バイアグラには多量のグリヘンクラミドが含まれていたんです。
このグリヘンクラミドは糖尿病患者が血糖値を下げる目的で使用する薬剤です。
EDに関して全く効果の無い成分になります。
中国製バイアグラに含有されていた多量のグリヘンクラミドの量とは
成人男性が1日に摂取できる許容範囲量の12倍もの量が含まれていたんです。

安易にあれやこれやと精力剤に手を出さないようにしましょう。
あなたの身を守る為にも…

copyright(C)30代から始めよう!正しい精力剤